Dies irae (ディエス・イレ)

Dies irae(ディエス・イレ)
『Dies irae -Also sprach Zarathustra-』(ディエス・イレ アルゾ・シュプラーハ・ツァラトゥストラ)は、日本のインディーズゲームブランドであるlightにより開発されたバトルオペラアドベンチャーのアダルトゲーム。略称は「ディエス」、もしくはタイトルの和訳である「怒りの日」と呼ばれることが多い。『Dies irae(ディエス・イレ)』のタイトルで、2017年10月よりTOKYO MX・BS11・AT-Xにて放送予定。

■あらすじ

「この刹那に愛を超越(こ)えろ」
「諏訪原市」に暮らす、ごく普通の学生藤井蓮は親友の遊佐司狼とひょんなことから殴り合いの決闘に発展。結果、お互い2ヶ月もの期間入院せざるを得ない大きなケガを負ってしまった。一時は決別してしまうも、幼馴染の綾瀬香純や先輩の氷室玲愛と共に、元の穏やかな学園生活にも戻りつつあった。

そんな中、彼らの住む諏訪原市で人が首を斬り落とされて殺されるという、猟奇的な無差別連続通り魔事件が起こり始める。 不思議なことに蓮はその頃から、次は自分が首を刎ねられるという恐ろしい悪夢に悩まされることになる。それは夢だけでおわるものではなく、恐怖と苦悶に満ちた辛く長い戦いの物語の前触れでしかなかった。

平和だった日常がウソのように裏返る日々。街はたちまち闇の超人達が跋扈する戦場へ姿を変え、常識では感がれれない不条理が蓮を襲う。

戦わなければ生き残れない。この現実の前に、彼は平凡な生活を取り戻せるのか―

第二次世界大戦終結を間近に控えた1945年5月1日、ドイツ。陥落寸前となった首都ベルリンに「聖槍十三騎士団」と呼ばれる者達がいた。彼らにとっては自国の敗退など取るに足らぬことであり、むしろ戦火の犠牲となった夥しき数の民衆を謎の儀式の触媒として生贄にしていたのである。戦争終結後彼らの存在は歴史の闇に隠れ、その行方を知るものは誰もいない。

Dies irae (ディエス・イレ)のコメント一覧

コメントを投稿する

名前
管理者にだけ表示を許可する

このページはDies irae (ディエス・イレ)のアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング