ブラッククローバー

ブラッククローバー

ブラッククローバー』は、田畠裕基による日本の漫画作品。略称は「ブラクロ」。

■あらすじ

かつて世を救った一人の魔道士は魔法帝と呼ばれ、世界は代々の魔法帝とその下に存在する9つの魔導士集団「魔法騎士団」によって、クローバー王国の平和を謳歌していた。

そんな魔法がすべての世界に生まれ、みなと同じように魔法帝にあこがれていた貧民の孤児の少年・アスタは、親友のユノと共に、日夜鍛錬を続けていたが、魔法の才能溢れるユノとは正反対に、アスタのそれはさっぱりだった。 ある日起きた事件から自分は魔力を一切持たない人間であることを知る。アスタは絶望するが、親友ユノの言葉を胸に、闘志をたぎらせ、魔法を無効化する力を宿した「五つ葉の魔導書」を手に入れ、ピンチを撃退する。

諦めかけた魔法帝を目指す夢に再び邁進することを決意したアスタは、紆余曲折を経て「黒の暴牛」に入団する。そこは最低最悪の魔法騎士団と言われ、かたやユノは最強の魔法騎士団「金色の夜明け」に入団するのだった。正反対の2人が魔法帝を目指すための一歩が、ここから始まる。

ブラッククローバーのコメント一覧

コメントを投稿する

名前
管理者にだけ表示を許可する

このページはブラッククローバーのアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング