このはな綺譚

このはな綺譚

このはな綺譚』(このはなきたん)は、天乃咲哉による日本の漫画作品『此花亭奇譚』が、休載を経て復帰した後のタイトル。『コミック百合姫S』(一迅社)のVol.9にて連載開始。その後、『月刊コミックバーズ』(現・月刊バーズ、幻冬舎コミックス)の2015年2月号より「このはな綺譚」と改題。

■あらすじ

あの世とこの世の間にある、神様を祀る不思議な町にひっそりと佇む「此花亭(このはなてい)」は、神様に遣える様々な狐っ娘たちが働く高級温泉旅館。その昔八百比丘尼に拾われ育てられたという過去を持つ野狐(狐っ娘)「柚」は、そこの新人仲居。

社会勉強のために奉公に来た柚は、まだ山から降りてきたばかり。初めての町で初めてのご奉公に奮闘中の彼女は、ちょっとドジだけど、一生懸命さは誰にも負けないがんばり屋さん。個性的な先輩仲居さんたちと過ごす日常の中で、彼女らの優しさに触れあっていがら、此花亭を訪れる様々な神様たちと織りなす摩訶不思議な出来事を体験していく。

そんな仲居たちの想いはひとつ。「正体が何者でも、 どなたさまでも、お客様は神様です。」
もちろん、 いま目の前におられる、あなたも…。

今日はどんなお客様をおもてなしするのでしょうか──。

このはな綺譚のコメント一覧

コメントを投稿する

名前
管理者にだけ表示を許可する

このページはこのはな綺譚のアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング