宝石の国

宝石の国

宝石の国』(ほうせきのくに)は、市川春子による日本の漫画。

■あらすじ

今から遠い未来、僕らは「宝石」になった。

過去に「にんげん」が存在したと伝えられる世界のお話。地上の生物は海中で微小生物に食われた結果、無機物となった。 そこから長い長い年月を経た時、その無機物から人型の生物が生まれた。彼らは宝石の体を持っていた。

彼ら28人に宝石達は、自身を宝石として装飾品にしよう目論み襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療など、それぞれの個性に合わせた持ち場につきながら、日々戦いに明け暮れていた。

宝石故に個々の堅牢さに違いがある彼らの中でも特に脆く、特に秀でた才能を持たないフォスは、月人と戦うことを望みながらも役割を何も与えられていなかった日々に苦悩していた。そこである日、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。戦闘を望むフォスは渋々ながらもその「博物誌」の制作を仕事に勤しむだが・・・。
漫画界で最も美しい才能が描く、戦う宝石たちの物語。

宝石の国のコメント一覧

コメントを投稿する

名前
管理者にだけ表示を許可する

このページは宝石の国のアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング