クジラの子らは砂上に歌う

クジラの子らは砂上に歌う
クジラの子らは砂上に歌う』(クジラのこらはさじょうにうたう)は、梅田阿比による日本の漫画作品。

■あらすじ

砂刑暦93年── ここは砂が全てを覆い尽くす世界。砂の海に覆われた世界に、小島のように浮かぶ漂泊船「泥クジラ」の上で暮らす人々がいた。
外界との接触がまったく無いこの島の人口は、513人。そこに住む人々多くは、感情を源とする超能力「情念動(サイミア)」を操る力を有する代わりに短命である「印(シルシ)」と超能力を持たない代わりに長命の「無印(むいん)」という種族。彼らは、泥クジラで小さな共同体として穏やかに過ごしていたのである。
「外界から閉ざされた“泥クジラ”で短い一生を終える」
その運命を受け入れ島の記録係を勤める「印」のチャクロはある日、「泥クジラ」に漂流してきた廃墟船を調査する最中、1人の謎の少女と出会う。彼女の名は「リコス」。島に住む人間にとって、史上初めてとなる外の世界から人間との接触だった。 そこから彼女の故国「帝国」は「泥クジラ」の住人が遠い昔にかつて住んでいた故郷であり、自分達はそこで罪を犯した流刑囚の末裔であることを知る。自分たちのルーツと残酷な運命を知ったチャクロは、悩み抜いた末、ある決断を下す。
これは、新世界を開く福音なのか─。

クジラの子らは砂上に歌うのコメント一覧

314 名前:   高アニ名無しさん   2017/ 08/ 31 ( Thu)  12: 08

ほんと楽しみ

318 名前:   高アニ名無しさん   2017/ 09/ 05 ( Tue)  13: 06

正直制作陣に不安が・・・

コメントを投稿する

名前
管理者にだけ表示を許可する

このページはクジラの子らは砂上に歌うのアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング