魔法使いの嫁

魔法使いの嫁

魔法使いの嫁』(まほうつかいのよめ、英題: The Ancient Magus' Bride)は、ヤマザキコレによる日本の漫画作品。略称は『まほよめ』。キャッチフレーズは「人外×少女」、「これは、世界の美しさを識るための物語」。

■あらすじ

舞台は現代イギリス。主人公の日本人「羽鳥チセ」は15歳の少女。彼女は生まれながらにして、ヒトではないもの奇妙なものを目にすることができる能力を有していた。そのせいで他者や家族からも疎まれ、その若い人生を孤独と不幸にまみれてきたチセが自暴自棄になっていたある時、謎の男が薦めるままにイギリスに渡り、自らを商品として闇のオークションへと身を寄せる。そこで自分を500万ポンド(約8億5千万円)もの額で落札したのは骨頭の人外エリアス・エインズワースであった。

チセの魔法使いとしての秘めたる資質を見抜き、弟子として、そして将来の嫁として迎え入れることを告げたエリアス。「今まで生きてきて良かったことなんて一度も無い」と返す彼女に、エリアスは「良かったと思えるようにしよう」と応えた。
魔法使いとしての暮しが始まる。遙かなる自然に寄り添い、悠久の時を過ごす魔法使いの暮らしの中、チセは自分にかけていた大切な何かを少しずつ取り戻していくのだった。

世界といういものの観方を識ることのなかった一人の少女と、心持たぬ一人の魔法使い。ふたりが世界の美しさを識る、心の旅路が始まる。

魔法使いの嫁のコメント一覧

コメントを投稿する

名前
管理者にだけ表示を許可する

このページは魔法使いの嫁のアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング