妹さえいればいい。

妹さえいればいい。
妹さえいればいい。』(いもうとさえいればいい)は、平坂読による日本のライトノベル。原作のイラストはカントクが担当している。キャッチコピーは「青春ラブコメの到達点」。略称は「妹さえ」。

妹バカの小説家・羽島伊月は、周りの友達にも「妹バカ」と呼ばれるほどの妹好きで、生業の物書きでもテーマは妹の小説を日々執筆している。ただその妹好き妄想小説は一般の人は理解できないほど飛び抜けていて、担当編集者すら苦笑い。
そんな伊月の周囲には、常に個性豊かな連中が集まっている。溢れる才能と愛を持ちながら、とても残念な言動の同業美少女の「可児 那由多」。頭の中は恋愛と友情、夢であふれる悩ましき青春を送る大学時代の同級生「白川 京」。出版関係に強い敏腕税理士で金髪碧眼でロリータファッションの「大野アシュリー」。天才イラストレーター・ぷりけつなどなど。

それぞれ迷いや悩みや問題を抱えながらも、仕事に追われたりゲームで盛り上がったり旅行に行ったりと賑やかな毎日を繰り広げる伊月たち。そんな彼らの日常を温かく見守る完璧超人の弟・「羽島 千尋」。そんな彼には、大きな秘密があるのだった。

妹さえいればいい。のコメント一覧

コメントを投稿する

名前
管理者にだけ表示を許可する

このページは妹さえいればいい。のアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング