SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語 / 高アニ

人気のアニメが見れる最新動画まとめや公式動画、関連グッズを紹介しているアニメ情報総合リンクサイト。
新着情報
更新情報
アニメ公式リンク追加・修正分

SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語の動画情報

SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語
『SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語』は、ワーナーミュージック・ジャパンが手掛ける音楽×RPG世界観-音で紡ぐファンタジー作品。2017年放送。

かつて光と影の戦いがありました。
光と影から成る世界で両者が憎しみあった結果、世界の様相はどう変わってしまうのか。戦争のあとの世界を、誰も想像することなく戦いは続き、やがて光の勝利で終わりました。しかし同時に、それまでは存在しなかった“闇”が生まれました。闇の中に逃げ込み、息を潜める影に、光は触れることもできません。光の王が治める世は、明るく活気に満ちた世界でした。しかし、常に闇をおそれ、影におびえることが王の宿命になりました。
ラファンドールの最北にある、フェブルと呼ばれる霧深い小さな村で、リエンとその妹トレスタは慎ましくも幸せに暮らしていた。しかしある日突如として村が襲われ、全てが燃え尽くされてしまう。逃げ込んだ森の中でふたりは生活をはじめるが、ラファンドールに蔓延する「フォージュ」と呼ばれる祟りがトレスタを襲い、リエンは大切な妹の身体が目の前で仰け反り、口から黒い影のような霧が吹き出していくという惨劇に直面し愕然とする。
瀕死のトレスタを助けたい一心のリエンは、ひとり森を抜け出し、その方法を探しに旅に出る。リエンを次代の「光の王」だと言って護衛をかって出るブライ率いる傭兵部隊アロンディアス。「闇の目」を完成させるためにリエンの血を啜ろうと襲う赤い目の男ネブラエス。トレスタを想いリエンから引き離そうとする親友アイソル。光の王の影響力が弱まっている隙に国を乗っ取ろうと企む影の王。そしてリエンの目の前に突如として現れる、トレスタにそっくりの謎の少女シェルシュ。ラファンドールを取り巻く光と影の古き歴史と自らの出生の秘密を知ったリエンはそれぞれの思惑と真実の狭間で揺れ動く。
果たしてリエンは、トレスタをフォージュから救えるのだろうか・・・。

  1. 平穏なる村、フェブル
  2. 眠れぬ夜
  3. 赤い眼
  4. 迫り来る運命
  5. 迫り来る運命
  6. 迫り来る運命


■各局放送日時
2017-07-12 (水) 22:50 TOKYO MX
2017-07-12 (水) 24:20 サンテレビ
■キャスト
リエン:花江夏樹
トレスタ:日岡なつみ
アイソル:梅原裕一郎
シェルシュ:福島亜美
ネブラエス:鈴木達央
ブライ:浪川大輔
エマ:ろん
ベネッタ:夏木マリ
ラウラ:本多陽子
ギース:水越健
ジェン:小田敏充
テディ:三浦勝之
■スタッフ
原作:「ラファンドール国物語」矢内景子
ストーリー・脚本:野島一成
プロデューサー:島津真太郎
ディレクター:大木由佳子
A&Rプロデューサー:池田俊貴
A&Rディレクター:米良和巳
音楽・作詞・作曲:矢内景子
サウンドプロデューサー:近谷直之
キャラクターデザイン:橘里枝
デザイン:細田純平/安藤美奈子
編集:小林輝紀

>>予備検索リンク

このページはSHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語のアニメ情報を紹介しています。

最新情報
インフォメーション
以下のランキングに参加しております。1日1票ずつポチッと応援して頂けると励みになります。
おすすめ
検索フォーム
Automatic translation
最新情報
放送中のアニメ
ご案内
当サイトはYahooやGoogle等の検索エンジンによって表示された検索結果や関連グッズ、オンラインゲームなどを紹介しているリンク集サイトです。ニコニコ動画内、公式チャンネルなどによる公式チャンネルも紹介しています。気になるグッズやお気に入りのシーンが収録されている巻数、話数などを調べるのにご利用ください。著作権侵害、著作権法違反を助長する目的のサイトではなく、動画のアップロード、ダウンロードに直接係る行為、及び推奨・援助する行為は一切行っておりません。それに関わるような行為はしないで下さい。著作権・所有権は帰属している団体に、各コンテンツに関する質問及び削除依頼に関しましては各共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 また、自動取得している検索結果であるリンク先についてはその内容を正確に確認しておりませんので、該当する情報の安全性、正確性は保証されておりません。何らかの障害が生じた場合でも当サイトでは一切の責任をお取りすることができないため、すべて自己責任にてご利用頂くようお願い致します。
記事内容に関しては、Wikipedia及び各公式サイト等より引用させていただいており、著作権は引用元にあります。
当サイトはリンクフリーです。

アクセスランキング