活撃 とー剣らん舞

活撃 刀剣乱舞 1

■あらすじ

文久三年。倒幕派と佐幕派が世を真っ二つに分け、長きに渡る刀の時代が終わりを告げた時―――幕末。

堀川国広はまだ刀剣男士として顕現したばかり。かつて同じ主の元に仕えた和泉守兼定とともに、雨の道をひた走る。

刀剣男士とはいわゆる『付喪神』。刀剣に宿る"想い"を審神者が励起させ、顕現させる。 彼らの使命は、歴史を我が物にせんがために未来より送り込まれる『時間遡行軍』を打倒し、純然たる“正しい歴史”を守ること。

陸奥守吉行、鶴丸国永、蜻蛉切、薬研藤四郎という新たな仲間を得た二振りは、激しい動乱の時代で、時間遡行軍との終わりなき戦いに身を投じることになる。

振るう刃に映すは光か、影か。刀剣男士、いざ出陣。

>>予備検索リンク

このページは活撃 とー剣らん舞のアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング