異世界食堂

異世界食堂 1皿

『異世界食堂』(いせかいしょくどう)は、犬塚惇平による日本のライトノベル。2013年より『小説家になろう』で連載されている。2015年にヒーロー文庫(主婦の友社)から書籍化された。

■あらすじ

物語の舞台となるのは、オフィス街に近い商店街の一角にある、創業50年の食堂「洋食のねこや」。どこにでもありそうなこの洋食屋の猫のプレートがかかった扉は、週に一度“特別営業”の土曜日だけ「ある世界」とつながる。
異世界の様々な場所に出現する扉を通してやってくる、生まれも文化も、種族すらもバラバラな「向こうの世界」の客たち。そんな彼らが分け隔てなく料理に舌鼓を打てる、不思議な空間がこの店の“魅力”。
小さな店で生まれる、異世界と現代、食堂に集う人々と店主、そして料理との一期一会が描かれる。

>>予備検索リンク

このページは異世界食堂のアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング