賭ケグルイ

賭ケグルイ 1

賭ケグルイ』(かケグルイ)は、河本ほむら原作・尚村透作画による日本の漫画作品。

■あらすじ

ギャンブル、それの唯一無二の絶対的な掟。それは、勝負が決まった後に勝者と敗者が存在すること。
勝者は富と栄光を手にすることができるが、その反面敗者は落伍者の烙印を押され、多大な、時にはその見に背を得ぬほどの喪失を味わう。 勝敗が決するまでの静かなる刹那の時の中、ヒトとしての本能が全身を血を沸騰させ、果てしない欲望は悦楽の境地に到る。この現代の資本主義社会において、その残酷なる縮図は人生そのものと言えよう。

創立100年を超える名門校「私立百花王学園」。政財界・上流階級の子女が数多く通う名門校でありながら、そのヒトとは思えぬ圧倒的なギャンブルの実力と美貌を兼ね備える生徒会長・桃喰綺羅莉のもと徹底的に支配され、生徒たちは己の立場を賭け奪い合い、ギャンブルによる絶対的な階級制度がしかれていた。

ある日、そこに蛇喰夢子という一人の少女が転校してくる。蛇喰夢子は一見、おっとりした貞淑な才媛のような印象を与えるが、実は生粋のギャンブル狂「賭ケグルイ」であった。

>>予備検索リンク

このページは賭ケグルイのアニメ情報を紹介しています。

行別インデックス
Automatic translation
検索フォーム

アクセスランキング