戦姫絶唱シンフォギアAXZ / 高アニ

人気のアニメが見れる最新動画まとめや公式動画、関連グッズを紹介しているアニメ情報総合リンクサイト。
新着情報
更新情報
アニメ公式リンク追加・修正分

戦姫絶唱シンフォギアAXZの動画情報

戦姫絶唱シンフォギアAXZ
『戦姫絶唱シンフォギア』(せんきぜっしょうシンフォギア)は、日本のテレビアニメ。音楽プロデューサーである上松範康が初めてテレビアニメの原作を手掛ける。2017年7月より第4期『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』(せんきぜっしょうシンフォギアアクシズ)が放送予定。また、第5期の制作が決定している。

後日、「魔法少女事変」と称される、錬金術師キャロルの世界解剖計画を阻止してから数週間後。立花 響は最大最強の敵を相手に格闘し、為すがままに組み伏せられようとしていた。対する脅威――その名は「夏休みの宿題」。学生の本分という、避けられない運命はどうしようもなく過酷であり、抗いようもなく無慈悲である。どうして、こうなったのか?

押し潰されそうな心のままに振り返ってみる響。海にも行った。山にも行った。新しくできた友達との約束だからと理由をつけて、あちこちの夏祭りを満喫し、夜はバカみたいに口を開けて花火を見上げた。お盆には学生寮を出て、千葉の実家に戻った。久しぶりの家族水いらず。「家族が揃ったら、やっぱり鍋だろうッ!」真夏だというのに、何年かぶりに顔を合わせた父親は、何年か前と変わらず浅薄・短慮を惜しげもなく披露し、そして響もまた、そんな父親のC調に同調して、母親と祖母の眉毛の形を見事なくらい「ハ」の字に変えさせた。

少し前に――シンフォギアを身に纏わなければならない超常の事件も発生したが、結果、ちょっぴり世界史に詳しくなったような気になる響。担任から、自分の書く字はまるでヒエログラフと言われ続けてきたが、それがどんなものかようやく知り、さすがにそれはないとも理解した。

かつてないほどに満ち足りた日々。クラスメイトのひとりは、「あんたの日常も、ようやく深夜のアニメみたいになってきたわね」と評してくれた。言ってることはよくわからなかったが、口ぶりからそれが悪い事ではないと伝わって嬉しかった。 こんな毎日が、永遠に続けば……と願う響。
――そう……あんなにもきらびやかな毎日を続けてしまったがためのツケは、いつか払わなければならない。夏休み後半、登校日。立花 響の新たな戦いの幕は、ここに切って落とされるのであった。

  1. バルベルデ地獄変
  2. ラストリゾート
  3. 歯車が描くホロスコープ
  4. 黄金錬成
  5. 虚構戦域に命を賭して
  6. 決死圏からの浮上
  7. ARCANA No.00
  8. 過去と未来の狭間で


■各局放送日時
2017-07-01 (土) 25:00 TOKYO MX
2017-07-01 (土) 25:00 BS11
2017-07-01 (土) 27:38 MBS
2017-07-01 (土) 25:50 テレビ愛知
2017-07-03 (月) 22:30 AT-X ※リピート放送あり
■キャスト
立花響:悠木碧
風鳴翼:水樹奈々
雪音クリス:高垣彩陽
マリア・カデンツァヴナ・イヴ:日笠陽子
月読調:南條愛乃
暁切歌:茅野愛衣
■スタッフ
原作:上松範康、金子彰史
監督:小野勝巳
音楽:Elements Garden
アニメーション制作:サテライト
製作:ProjectシンフォギアAXZ

>>予備検索リンク

このページは戦姫絶唱シンフォギアAXZのアニメ情報を紹介しています。

最新情報
インフォメーション
以下のランキングに参加しております。1日1票ずつポチッと応援して頂けると励みになります。
おすすめ
検索フォーム
Automatic translation
最新情報
放送中のアニメ
ご案内
当サイトはYahooやGoogle等の検索エンジンによって表示された検索結果や関連グッズ、オンラインゲームなどを紹介しているリンク集サイトです。ニコニコ動画内、公式チャンネルなどによる公式チャンネルも紹介しています。気になるグッズやお気に入りのシーンが収録されている巻数、話数などを調べるのにご利用ください。著作権侵害、著作権法違反を助長する目的のサイトではなく、動画のアップロード、ダウンロードに直接係る行為、及び推奨・援助する行為は一切行っておりません。それに関わるような行為はしないで下さい。著作権・所有権は帰属している団体に、各コンテンツに関する質問及び削除依頼に関しましては各共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 また、自動取得している検索結果であるリンク先についてはその内容を正確に確認しておりませんので、該当する情報の安全性、正確性は保証されておりません。何らかの障害が生じた場合でも当サイトでは一切の責任をお取りすることができないため、すべて自己責任にてご利用頂くようお願い致します。
記事内容に関しては、Wikipedia及び各公式サイト等より引用させていただいており、著作権は引用元にあります。
当サイトはリンクフリーです。

アクセスランキング