装神少女まとい / 高アニ

人気のアニメが見れる最新動画まとめや公式動画、関連グッズを紹介しているアニメ情報総合リンクサイト。
新着情報
更新情報
アニメ公式リンク追加・修正分

装神少女まといの動画情報

BD 装神少女まとい 1 特装限定版
『装神少女まとい』(そうしんしょうじょまとい)は、WHITE FOX制作による日本のテレビアニメ。2016年10月より放送予定。 同年7月14日に第一弾PVが公開された。WHITE FOXにとっては初の完全「オリジナルアニメ」となる。

西暦2016年──。釜谷市にある「天万神社」で、巫女のアルバイトをしていた中学2年生、皇(すめらぎ)まとい。幼少の頃に母と生き別れになった彼女は、父方の祖父母の家に長年預けられており、三ヶ月前からようやく父である伸吾とふたりで暮らし始めた。そんな境遇からか、まといは平凡で穏やかな日常に憧れていた。

まといの親友で、バイト仲間である草薙(くさなぎ)ゆまは、「天万神社」の神主一族に生まれた次期巫女候補であった。彼女は、一族が悪霊を払うための「退魔行」を先祖代々行っていたことを知り、まといを誘って「退魔行」にまつわる儀式「神懸りの儀」にチャレンジしようとする。

学校が終わり、いつものように神社へと向かったふたりであったが、そこで荒らされた境内と、傷つき倒れたゆまの両親に遭遇する。さらに、刑事である伸吾が捜査を行っていた怪事件の重要参考人で、どこか正気でない雰囲気を纏った男の姿もあった。暴れる男を抑えようと、ゆまは咄嗟に「神懸りの儀」を執り行ったのだが、異変が生じたのはゆまの方ではなく──。

平凡で普通の生活を求めていた少女に与えられたのは、神を纏って悪霊を払う能力!?
皇まとい、誰にも邪魔されない穏やかな日々を取り戻すため、退魔活動(タイカツ)に励みます! (wikiより)

  1. 1話 私、神懸かってます
  2. 2話 神様、纏いました
  3. 3話 神様は知らんぷり
  4. 4話 彼女の覚悟と私の理由
  5. 5話 特別な普通
  6. 6話 ごめんなさい
  7. 7話 海と温泉、ときどき悪霊
  8. 8話 ちいさな願い
  9. 9話 ありがとう
  10. 10話 開かれし門
  11. 11話 いってきます
  12. 12話 普通がいちばん (最終話)
  13. 総集編 ゆまちん、まとめました~何も着てなくて・・・夏~ (特別編)
  14. 13話 株式会社ナイツ・バスターズ (特別編)


■各局放送日時
2016-10-04 (火) 23:00 TOKYO MX
2016-10-04 (火) 24:00 KBS京都
2016-10-04 (火) 24:00 サンテレビジョン
2016-10-05 (水) 24:30 BS11デジタル
■キャスト
皇まとい:諏訪彩花
草薙ゆま:大空直美
クラルス・トニトルス:戸松遥
皇伸吾:東地宏樹
春夏・ルシエラ:川澄綾子
カリオテ:檜山修之
手塚秀夫:阿部敦
■スタッフ
監督:迫井政行
シリーズ構成・脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン・総作画監督:戸田麻衣
設定考証:白土晴一
イメージボード:コレサワシゲユキ、灯夢
プロップデザイン:岩畑剛一、鈴木典孝
美術監督:高峯義人
美術設定:青木薰
色彩設計:佐藤美由紀
特殊效果:荒畑歩美
3Dディレクター・モデリング:相馬洋
攝影監督:染谷和正
編集:後藤正浩
音響監督:山口貴之
音響スタジオ:HALF H・P STUDIO
音楽:加藤達也
音楽制作:ランティス
プロデュース:インフィニット
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:まとい製作委員会

>>予備検索リンク

このページは装神少女まといのアニメ情報を紹介しています。

最新情報
放送中のアニメ
ご案内
当サイトはYahooやGoogle等の検索エンジンによって表示された検索結果や関連グッズ、オンラインゲームなどを紹介しているリンク集サイトです。ニコニコ動画内、公式チャンネルなどによる公式チャンネルも紹介しています。気になるグッズやお気に入りのシーンが収録されている巻数、話数などを調べるのにご利用ください。著作権侵害、著作権法違反を助長する目的のサイトではなく、動画のアップロード、ダウンロードに直接係る行為、及び推奨・援助する行為は一切行っておりません。それに関わるような行為はしないで下さい。著作権・所有権は帰属している団体に、各コンテンツに関する質問及び削除依頼に関しましては各共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 また、自動取得している検索結果であるリンク先についてはその内容を正確に確認しておりませんので、該当する情報の安全性、正確性は保証されておりません。何らかの障害が生じた場合でも当サイトでは一切の責任をお取りすることができないため、すべて自己責任にてご利用頂くようお願い致します。
記事内容に関しては、Wikipedia及び各公式サイト等より引用させていただいており、著作権は引用元にあります。
当サイトはリンクフリーです。

アクセスランキング